FC2ブログ








茶葉の水色で6種類に分類 

色で選ぶ

中国茶を色で分けるとおおよそ6種類に分類ができます。皆様も飲んだことのあるお茶もこの種類で分けられています。では6種類の色で分けたお茶を解説いたします。

緑茶
〔不発酵〕春草、豆、栗の香り
緑茶は茶葉が持つ酸化酵素の働きを抑えて作る不発酵茶です。大半が釜炒りするため、お茶を入れた水の色は緑というより淡黄色。渋みなどはなく、豆や栗に似た淡い風味があります。

白茶
〔弱発酵〕梅の花、淡い果実香
茶葉が産毛に覆われて白く見えるため、白茶と呼ばれています。生産量、種類共に少なく、産地も福建省にほぼ限られています。茶葉を自然にしおれさせ、弱く発酵させて作るため、お茶を入れた水の色は黄色で甘い香りがします。

青茶
〔半発酵]花、果実、蜜、乳などの甘い香り
烏龍茶のこと。産地は福建省、広東省、台湾。茶葉のもつ酸化酵素の働きを促して作るため、半発酵茶と定義されています。青茶とは摘んだ葉を日光にさらして発酵を促すとき、葉が青く変色することから言われとそうです。

紅茶
〔完全発酵〕蜜や果実など甘い香り
烏龍茶が途中で発酵を止めるのに対して、紅茶は100%発酵させたお茶になります。中国紅茶は渋みが少なく、蜜のような香りが特徴ですが雲南大葉種で作る紅茶だけに、やや渋みが感じられます。

●黒茶
〔後発酵〕蓮の葉、樹木
いったん緑茶に仕上げたお茶を多湿の場所に置き、微生物発酵させて作ります。熟成香を放ち、濃厚な色の茶液になるため、黒茶と分類されます。雲南省、広西壮族自治区で生産されます。

黄茶
〔弱後発酵〕渇いた果実香
生産地が四川省と湖南省のごく一部に限られた希少なお茶。緑茶と同じように仕上げたお茶を、乾燥させる途中で1~3日湿度のある状態に置き、弱い微生物発酵を起こして仕上げるため、茶葉が黄色くなります。

お勧め色で選ぶ中国茶は「中国茶ドットコム」こちらから
FC2 Blog Rankingに登録をしました。記事を読み、ためになった。参考になった。などと思われた方はよろしければポチッとご協力お願い申し上げます。
ランキング




スポンサーサイト



[ 2007/04/22 12:57 ] 中国茶の種類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftshop.blog95.fc2.com/tb.php/14-8700f923