FC2ブログ








黄茶の製法 

●黄茶の製法
緑茶と同じように仕上げた茶葉を余熱があるうちに1~3日置いて軽く後発酵させます。この工程を「悶黄(もんおう)」といいます。この悶黄の方法はお茶によって違い、時間も異なります。

●殺青
 ↓
●揉捻
 ↓
●乾燥
 ↓
●悶黄
余熱と水分の残る茶葉を、箱に詰めるなどしておき、軽く後発酵させる。
●乾燥
茶葉を乾燥させる。
お勧め黄茶は「中国茶ドットコム」こちらから
FC2 Blog Rankingに登録をしました。記事を読み、ためになった。参考になった。などと思われた方はよろしければポチッとご協力お願い申し上げます。
ランキング

スポンサーサイト



[ 2007/04/22 15:32 ] 中国茶の製法 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ftshop.blog95.fc2.com/tb.php/20-2f890bb9


北港毛尖(黄茶)50g

唐の時代からある献上茶の産地として有名な湖南省岳陽の黄茶、北港毛尖。若葉で作られ、濃緑色で白毛があり、香り高く、深い味わいがあります。一芯二葉の新鮮な茶葉を摘み、火入れをしながら揉み、まだ茶葉が暖かいうちに籠にいれ布をかけて「悶黄」を行い、黄茶特有の香り
[2007/09/15 21:27] URL 中国茶をたくさん集めました